Creative Hub Swimmy

Creative Hub Swimmy Creative Hub Swimmy

拡大画像
拡大画像
拡大画像
拡大画像
拡大画像
拡大画像
#WEB

IFOO Brand Film “わすれもの – The Heart of Woman Carpenter”

鹿児島から日本の建築物・名産品をデザインの力でアップサイクルし、手しごとや技術を国境を問わず発信・継承・逆輸入していくことを目的とした“温故生新”カンパニーIFOO。
現代武家建築「萌蘖」を舞台に、女大工と鹿児島へ研修に訪れた外国人建築家の間に生まれた、秘めた恋心を描くショートフィルムを制作。

 

 

CAST:Ayaka Minami/Carlos Urquieta Toraya/Takuya Ohki
Theme song:baobab + haruka nakamura「Eien to Ichinichi」

Producer:Ryoichiro Honma
Creative Strategist:Tetsuro Arai

Director:Yu Yamanaka

Line Producer:Mitsuo Tokunaga
Production Manager:Kenji Kishita
Camera&Drone:Shota Nakajima
Camera Assistant:Yoshiki Iwanami
Lighting Director:Yoshiyuki Morishita
Gaffer:Tatsuro Hata
Stylist:SAYAKA
Hair Make:Marina Hirano/Kumi Kawagoe/Eriko Futami
Illustration:June
Colorist:Haruka Okustu
Mixer:Tatsuya Kawakami
Music:haruka nakamura

メンバー画像

Ryoichiro Honma

Producer・Founder

Member Voice

担当者の声

IFOO代表八幡秀樹氏の「時間の中に埋もれた価値に、光を当てる」というブランド理念に強く共感し、その理念を一本の映画としませんか?と提案しました。
何度も鹿児島に足を運び、職人の手仕事や生産物の豊かさ、そして八幡さんはじめ鹿児島の皆さん温かさ、まさに敬天愛人の精神に触れているうちに、この尊さを余すことなくフィルムに焼き付けたいという気持ちがどんどん強くなっていったのを覚えています。
「blur」(SIGMA)、「青い手」(BMW)などの短編映画でも世界的評価が高い山中有監督の繊細な映像演出が相まって素晴らしい映像美に仕上がったと思います。

Project Member

プロジェクトメンバー
Producer・Founder Ryoichiro Honma Associate Kenji Kishita

Contact

scroll to Works

to Works