拡大画像
拡大画像
拡大画像
拡大画像
#WEB #Documentary

Goldwin -Brand movie-2019

雪山の陰影とシュプールというシンプルな要素のみで雪原に水墨画の筆跡が描かれるような表現を追求した。

モノトーンの世界をスローモーションの映像によって、禅的でストイックな映像に仕上がった。

ディレクターのChris Rudz氏のアイデアから、シュプールのみが出来上がる人物なしバージョンの映像も編集時に浮上し、人物ありバージョンの映像とまた違った芸術的な作品となった。

Goldwin-Brand movie-2019 Ver.2

 

 

プロデューサー:本間綾一郎・福田将己

プロダクションマネージャー:二木央

クリエイティブディレクター:池田・ブルース・大介(JKD collective)

企画:上野千蔵

ディレクター:Chris Rudz

撮影:Chris Rudz・小林雅也(JAZZY SPORT PRODUCTIONS)

ドローンパイロット:高橋遼

ロケーションコーディネート:倉金純也( Clubman)

キャスト:河野克幸・関谷和茂

メンバー画像

Masaki Fukuda

Director・Photographer・Producer

Member Voice

担当者の声

企画時から一貫した禅的な表現を、ポーランド出身のChris Rudz氏の撮影と映像ディレクションにすることによって、日本人のそれとは一味違った視点の表現ができたと思います。
撮影現場は大自然の厳しさの影響を受け、機材の故障など想定外の事態が相次ぎ発生した過酷なロケでした。
しかし、こういった経験を経て仕上がった映像は一層思い入れのある作品となりました。

Contact

scroll to Works

to Works