Creative Hub Swimmy

Creative Hub Swimmy Creative Hub Swimmy

拡大画像
拡大画像
拡大画像
拡大画像
#Entertainment

Sony アングリーバード展

映画『アングリーバード』の公開に合わせた、ハプティクスシステム(力、振動、動きなどを与えることで皮膚感覚フィードバックを得るテクノロジー)を組み込んだ体験型インタラクティブコンテンツの制作。銀座ソニービルで展示された。
キャラクターの視点で展開する映像に体感システムが気持ちよくシンクロする、あたらしい体験を提供した。

 

 

プロデューサー:本間綾一郎

プロダクションマネージャー:丸本直人・米山あゆみ

ディレクター:古屋蔵人

システム:TASKO

筐体:ユーコム

メンバー画像

Naoto Marumoto

Producer

Member Voice

担当者の声

展示映像は古屋蔵人氏(HOEDOWN)を、ハプティクスなどの体感部分はインタラクティブ造作に定評のあるTASKOをアサイン。風や光、振動をどのように映像にシンクロさせて体験システムを動かすかを何度も検証を重ねました。映画の出演キャラクターになったような気分を味わえると話題になり、休日はお客様が列をつくるほどの盛況ぶりでした。

Contact

scroll to Works

to Works